「論語の達人」Zoomセミナー

「論語」何か古臭くてむずかしくて堅苦しい本!といった印象をお持ちではないでしょうか。

論語は「孔子」という学校の先生と生徒の会話集です。2,000年以上から読み続けられている「学園ドラマ」と思ってください。

「孔子」先生は、貧しい家の出身で苦労して政治家になろうとした人でした。しかし政治家になる夢は破れ、教育者として若者を育てます。個性的な弟子たちの会話の中に私たちの人生に対する答えがぎっしりと詰まっています。約500の短い会話が記された本です。決して難しくはありません。
私たち日本人は、中国人よりも論語を深く読み自分たちの精神性を高めて来ました。「論語」には「日本精神」の根幹となる部分が詰まっています。
「孔子」先生は、人生の成功者ではありません。お酒と音楽と詩の好きな楽しいおじさんです。さあ、皆さんも論語の世界に足を踏み入れてみませんか。

ほめ達!寺子屋in東京

画像をアップロード

Fプロジェクト

※あなたの未来を応援します。